歯の衛生について 忍者ブログ
インプラントや歯列矯正、口臭について解説しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯列矯正をすることにより、見た目上きれいな歯並びになりますが、もっと重要とも言えるのが噛み合わせではないでしょうか。

ここでは悪い噛み合わせが及ぼす影響についてみていきたいと思います。

まず悪い噛み合わせは、虫歯、歯周病の心配があります。
歯と歯の間にすきまがあると、食べカスなどがつまりやすくなり、また正常に噛めない事により、食事の際の噛む回数が減り口の中の細菌を殺してくれる唾液の量が少なくなってきます。

もちろん歯磨きを行う時も、不ぞろいな歯並びだと、うまく歯ブラシが行き届かず、歯垢がたまり、虫歯や歯周病の原因になります。

噛み合わせが悪いと、噛む時に特定の歯だけに負担が行き、そこだけ次第に弱って歯周病を引き起こす場合もあります。
うまく噛めないということは、充分に噛み砕かれていない食べ物、特に消化酵素が含まれている唾液が充分に混ざっていない食べ物により、胃腸など消化器官に大きな負担をかけることになります。

よく噛んで食べないと満腹感が得にくいということもダイエットに興味がある方ならよくご存知だと思います。

噛み合わせにズレが生じると、そのズレを打ち消す為に体は無意識のうちの筋肉や骨の動きをずらすそうです。
このズレが、顎の筋肉の動きに負担をかけるばかりか、顎に近い首や頭部の筋肉にも疲労が生じてきて体がゆがみ、肩こりや偏頭痛、腰痛、しびれといった症状を引き起こします。
また顎関節に悪影響が及び、視力低下・耳鳴りなどの症状が現れることもあるそうです。

よく噛まない事によってこのような身体的影響の他にも、イライラや集中力の低下、記憶力の低下といった精神的な悪影響も出てくるそうです。
このように心にも大きな負担を与える事があり、最悪の場合、成績低下、登校・出社拒否やうつにつながる恐れもあるそうです。
そしてストレスからのアトピーやアレルギーの発症なども見られることがあるそうです。

以上のように、より健康な生活を送るためにも歯列は大事な要素を占めていることがわかります。
PR
歯列矯正は、子供が行うイメージも強いですが、芸能人をはじめ、大人でも歯列矯正を行っている人は数多くいます。

歯列矯正にはメリットも多くあるのですが、デメリットのひとつとして料金が高いことがあげられます。
歯列矯正には、一般的な歯科治療のように保険をかける事が出来ない上に治療にかかる期間も長いため、お金が多くかかることになります。

そこで気になるのが、医療費控除です。
歯列矯正にはこの制度が利用できるようです。

医療費控除とは、申告者本人が、本人もしくは申告者と生計を共にする配偶者や親族の多額の医療費を支払った場合、所得控除の適用があり、税金の軽減、還付などを受けられる制度です。

配偶者や親族は扶養親族である必要は無く、親族の範囲は6親等以内、血族と3親等内の姻族(本人、配偶者、子供、兄弟姉妹、両親、祖父母など親族で生計を一緒にしている人)に限り受け取る事ができます。

所得額や他の控除などにより税金の軽減額が異なりますが、およそ控除の額の1,2割だそうです。
歯列矯正の際、医療費控除でお金が戻ってくるか1度確かめ、確認がとれたら、確定申告をしましょう。
歯列矯正のメリットももちろん沢山ありますが、ここではデメリットについて述べたいと思います。

歯列矯正のデメリットの第一は、何と言ってもお金がたくさんかかるということでしょう。
歯列矯正には健康保険が適用されないため、とても大きな負担になります。
歯列矯正は自由料金制のため医院によって料金設定は異なります。
だいたい50~150万円の治療費が必要になってきます。

ただし、機能障害をともなう先天性の咬合異常や、外科手術をともなう顎変形症の治療の場合は、審美目的ではないため健康保険が適用されます。
また18歳までの子供の歯列矯正の場合、医療費控除が受けられ、大人でも場合によっては医療費控除が受けられるそうです。

そして第二のデメリットは、その治療期間の長さです。
歯列矯正は、歯の骨の代謝を利用して歯を動かす治療ですから、どうしてもたくさんの時間が必要になります。
平均治療期間は2年くらいで、通院は1,2ヶ月に1度平均で30分~1時間くらいかかるそうですが、治療期間、治療時間共に個人差も大きいようです。
しかもその後もしばらくは歯列の状態をみるため通院しなければなりません。

そして三つ目のデメリットは、歯に装置をつけた時の痛みや違和感から日常生活に負担がかかってくる場合があるということです。
歯磨きや、食事がし辛かったり、ひどい時には装置によって口内炎が起こる場合もあります。

そして四つ目は、目立ちにくい装置とはいえ、歯の外側に装置をつける限りは、見た目の問題があります。
特に女性は美容上、気になるところではないでしょうか。

そのほかにも日本人に現れやすいケースとして、歯列矯正を繰り返す事により、歯根が溶けてしまう事もまれにあるそうです。
また不適切な歯列矯正は、肩こり、うつなどの原因にもなる場合もあるそうです。

このようなことを避ける為にも、歯列矯正を考えた場合、医院選びは慎重に行った方が良いでしょう。
メスを入れない歯並びの改善治療である歯列矯正には、メリットもデメリットもあります。

ここでは、メリットについて述べたいと思います。

歯列矯正の大きなメリットは、何と言っても見た目が美しくなることでしょう。
初対面の人同士の印象の5割以上は見た目で決まると言われているそうです。

美しい笑顔は好印象を与えますが、これには綺麗な歯並びは欠かせない要素と言えます。
欧米では、子供が生まれたらまず歯列矯正のために積み立て貯金をすると言われているくらい、歯並びに対
して美意識を持っています。
美しい歯並びが知性と教養の証とまで言われているからです。

少なくとも海外に旅行・赴任する予定がある人などにとっては、綺麗な歯並びは大きなプラス要素となるかもしれません。
また、歯列矯正の治療期間中は、装置装着中の歯磨き指導が行われますので、虫歯予防についても良い環境にあるかもしれません。

こういった外見的なメリットのほかに、内面に関しては、噛み合わせが歯列矯正によって改善されるため、より健康になれるというメリットがあります。
食べ物を上手く咀嚼できると、固い物も食べられるようになりますし、食事が楽しくなり、胃腸への負担も減ってきます。

また、きちんと噛むことは、スポーツや勉強にも良い影響があるということも、実験で立証されているそうです。
悪い噛み合わせは全身にも悪い影響を与えると言われているので、その改善にももちろん歯列矯正が役立ってくるようです。

ほかに歯列矯正によってコンプレックスが解消され、自分に自信が持てるということもメリットでしょう。
自信がつけば様々な場面で良い結果を得ることもできそうです。
日本の芸能人で歯列矯正をしているような人はそれほど多くはありませんが、ハリウッドスターなどは映画の収録の無い間に行う人も多いそうです。

世界で活躍する為には日本人の八重歯は流行らないそうです。
アメリカではトム・クルーズが、そして日本人では常盤貴子さんが歯列矯正で有名だそうです。
また水野真紀さんは子供の頃歯列矯正を行った事で矯正界では有名だそうです。
ほかに松田聖子さんや藤原紀香さんもある時、歯並びが変わっていました。

沢尻えりかさんなどは左からの映像は、ものすごく歯が1本無い感じにも見えるそうです。
若くて可愛い現在は良いとしても、今後は歯並びが変わっている可能性も大きそうです。
日本はアメリカや韓国などとは美的感覚において、違う路線も持っているといえるのかもしれません。

韓国と言えば、ヨン様などは典型的にかぶせもので歯列矯正をしているようですが、この方法などは一番長持ちする方法だそうです。

芸能人のように見た目勝負のような仕事にとって、歯列矯正は気になる所ですが、見た目以外にも噛み合わせや健康への影響を考えても歯列矯正は必要となってくる場合が多くあるようです。

日本以外の国で歯列矯正がもっと普及していると言うことは、メリットも沢山あるのだろうと思うと、歯列矯正についてもっと真剣に考えてみても良いのかもしれません。
子供の歯の歯列矯正を考える頃といえば、ほとんど子供の永久歯が生え揃う小学校低学年からの7~9歳頃だそうです。

永久歯とは一生付き合っていかなければならないため、親御さんとしては子供の歯並びを放っておけないのは当然のこととも言えます。
しかし歯並びの悪さなどで歯医者を訪れる子供たちが、全て永久歯という訳ではありません。
1~3歳の小児が定期診断などで、歯並びの異常を指摘される事もあるそうです。

またそれほど多いケースではありませんが、不正咬合を気にかけて、食べ物の摂取が上手くいかないのではないか、と考える親御さんもいます。
この場合、多くの医師は、年齢が進むうちに自然治癒する場合もあるため、しばらく様子を見るように診断されるそうです。

必ず自然治癒する保障はもちろんありませんが、その段階まで待ってみても充分歯列矯正治療は間に合うからです。
そのような自然治癒を待つ考えは、特に小児について先進国であるアメリカでも、基本とされているようです。

とはいえ、歯並びの異常からの不正咬合にも様々な種類や程度があります。
子供の乳歯が永久歯に生え変わる始まりは、まず下顎第2乳臼歯の後方にある第1大臼歯(6歳臼歯)なのだそうです。
その次の生え変わりが、下顎中切歯と言われる歯で、下顎の前歯だそうです。

このような生え変わりの段階で、よく歯並びの悪さが起こります。
不正咬合は乳歯の頑張りとも言えるそうですが、永久歯が強引に生えて来ようとして起こります。

見た目はもちろんですが、不正咬合によって体に不調が出てくる事もあります。
そのようなことを念頭に入れると、歯列矯正が今後の人生の為にも大切になってきそうです。
歯列矯正の基本とも言える矯正装置が歯列の固定式装置ですが、「リンガル・アーチ」は、軽度の歯並びの矯正時に使用され、町の小さな医院でも充分対応できる症状の時に主に使用されます。

一方、このリンガル・アーチよりも複雑とされる固定式装置に「マルチブラケット装置」があります。
この「マルチブラケット」は、現在、リンガル・アーチより普及している歯列矯正の装置として知られています。

これは、第1大臼歯を固定する装置、ブラケット、アーチワイヤー、上顎に当たるパットなどから成り、すべての永久歯にブラケットを付け、そこに弾力性のある矯正用ワイヤーを適合させ、その弾力を利用して歯を移動させます。

笑った人の歯に銀色のこれが装着されているなどという場面を見た事がある人も多いのではないでしょうか。

マルチブラケット装置を使った方法は、エッジワイズ法と言われる方法を基本にして発展してきたそうです。
歯列矯正の治療では、マルチブラケットが歯並びを整えるうえで、合理的かつ安全性も高いと考えられているため、最も広く普及している矯正器具といっても良いと思います。

マルチブラケットは、症状によって歯列全体に装着する場合もあれば、矯正の必要のある1部のみに装着する場合もあります。
マルチブラケットの弾力線の形態には、色々な種類があり、ブラケットそのものの素材にも色々な物があります。
その中で広く普及している代表的なものが金属性の物です。

しかしこのブラケットが歯の表面に装着される為、女性にとっては審美的に抵抗がある人が多いようです。
そういった審美的抵抗を減らすものとして、歯の裏側に装着したり、セラミックや硬質レンジといった視覚的に目立たない物を使用したブラケットも行われています。

このように最近では弾力線の素材の種類も増え、歯列矯正を行う場合の選択肢も多くなっています。
矯正治療を受ける上で不安はつきものにも思えますが、そんな時に参考になりそうなのが、治療の体験談ではないでしょうか。

ここでは、28歳男性の歯列矯正治療の体験談をみていきたいと思います。

「歯列矯正治療を始めたのは小学校2,3年の頃の歯科検診がきっかけとなりました。

下顎の小ささからこのままでは受け口になる可能性があり、そうなってからでは外科手術で顎を削らなくては治療できなくなるので、今のうちに矯正をした方が良い、というのがその時の言葉でした。

近くの歯科医院を薦められたのですが、永久歯が生え揃うまでしばらく様子を見るように言われ、実際治療に通いだしたのは小学6年生の時でした。

歯は小学生で2本、高校生で2本抜きました。
場所は正確に覚えていませんが、第二小臼歯か第一小臼歯辺りの歯を上下左右合計4本だったと思います。

学校で進められた近所の歯科医院は、矯正歯科専門の先生が常駐しているのではなく、大学病院の先生が月に1度来るので、その日に合わせて通っていました。
装置が壊れた際などは遠くの大学病院まで行かなくてはなりませんでした。

装置は、小学生の頃に準備期間として、歯列を横に広げる装置を付けていました。
そして中学の頃に寝ている間にチンキャップを2,3年付けていました。
マルチブラケットは大学から社会人の間4,5年つけていました。

つけてから2,3日は固い物が食べられませんでした。
その後も固い物が食べ辛かったり、歯磨き時に取れやすかったりしましたが、サークルのテニスの時などは特に支障はありませんでした。
その後装置をはずし、下の前歯の裏にワイヤーをつけ固定し、通院は3ヶ月から半年に1回のペースになりました。

程なく仕事で地方に転勤になったため、装置ははずしてもらい、とりあえず矯正治療は終了しました。
歯並びが良くなっても虫歯で歯を抜くなどしては意味がないので、これからも歯磨きはしっかりしたいです。」

この体験談からも分かるように、歯列矯正は長い期間かかる治療です。
長い期間がかかるという事は、当然お金も多くかかる事にもなります。

歯列矯正について気になる方は、さらに詳しく調べてみると良いでしょう。

メスを入れない歯並びの矯正である歯列矯正について、とは事で、ここではそれに関しての体験談をみていきたいと思います。

以下は22歳女性の体験談です。
「歯列矯正を始めたきっかけは、小学5年生の時で、現在は保定期間に入っています。
人に比べて時間がかかった方だと思いますが、虫歯になったり、装置を付けるのを時々さぼったせいもあるかもしれません。

治療に通いだしたきっかけは、母親が自分の口の中に八重歯を見つけた事でした。
程なく母が周りの人の口コミなどで見つけてきた医院に通い始めました。」

そして「まずは上の奥歯に装置をひっかけるための器具を付け、夜寝るときのみ装置を付け、奥歯を移動させ、下の歯列を広げる為の装置も加わりました。
この装置は入れ歯によく似ているそうです。

毎晩2つも装置を付けるのは面倒な面もありました。
歯は1本だけ抜きました。
昔治療して半分以上無くなっていた下の奥歯を抜いて、親知らずを前に引っ張って変わりの奥歯にしてしまう、という医師の考えのもとに抜きました。
最初は奥歯に違和感がありましたが、今は抜いた事を忘れてしまうくらいです。」

「付けていて一番辛かったのは、最もポピュラーなマルチリンガルでした。
異物感は1週間ほどで無くなりましたが、痛くても外せなく、装置と歯茎の間に食べカスがたまりやすい・・・。
どうしても痛いのでワイヤーを緩めてもらいに行った事もありました。

現在は動かした歯を固定するための保定装置を付けています。
就寝時に使用する他、下の前歯の裏側にもワイヤーを付けています。
実は未だに毎晩装置を付けるのが面倒にも感じます。

辛かった事も多い歯列矯正ですが、写真で自分の笑顔などを見ると、やっておいて良かったと思います。」

この女性の場合、一般的にかかる期間より若干治療に長い時間がかかっているようですが、一般的な歯列矯正の流れがわかるのではないかと思います。

リテーナーは、マルチブラケットによる歯列矯正治療を行って歯並びと咬み合わせを整えた後、歯を動かないように安定させるための装置です。

歯の周囲の骨がとけたり、新しく出来たりして歯の移動が起こりますが、移動が終了しても歯の根の周囲の骨はしっかり詰まってはいないで不安定な状態です。
しかも歯と歯茎を結ぶ線維の形は簡単には変わらないため、新しい歯の位置から元の位置に引き戻す力が常に歯に働いています。

ですから歯の周囲の骨がしっかり締まって、歯と接続している歯茎の繊維の形が新しい歯の位置に馴染むまでしばらくの間歯を押さえ、「あともどり」を防ぐ事が必要です。
これを防ぐのがリテーナーです。

このリテーナーは取り外すことができますが、マルチブラケットをはずして1年くらいの間は移動した歯がまだ安定していないため、この期間中は歯磨きの時を除いて、食事中も装着しておく必要があります。

リテーナーは歯の移動の器具ではないので、装着時の痛みはありません。
しかし装着をしないでいると、その間に歯がまた移動してリテーナーを装着しようとしても入らなかったり、痛みを生じます。
もし歯茎などが痛む場合は調整してもらう必要があります。

約1年間リテーナーを使用して歯の位置が落ち着いてくれば、徐々にリテーナーをはずす時間を作り、個々の歯の安定性をみていきます。

最初は食事の時のみ約1時間、そして3時間、6時間、最終的には就寝時のみにしかリテーナーを装着しなくてもきつくならなければ、かなり安定している状態といえます。

このように歯列矯正は歯並びを整えるだけでなく、その後の歯の安定のためにも非常に時間がかかります。
次のページ >>
【ブログ内検索】
【Google 検索】
Google
【カテゴリー】
【口臭】
口臭というのはどういうものか?
口臭について
口臭に関するお話
口臭に関する豆知識
口臭に関する用語集
口臭に関する用語集2
口臭が気になる
口臭の悩み
口臭に関する悩み1
口臭に関する悩み2
口臭に関する悩み3
口臭に関する悩み4
口臭による人間関係
「ウェーバーヘッヒナーの法則」
口臭の自臭症と他臭症
自臭症の原因
他臭症の原因
口臭の原因とは
口臭の要素
口呼吸と口臭
歯と口臭について
胃と口臭の関係
歯周病と口臭
口の乾燥による口臭
口臭と病気の関係
体臭と口臭の関係
歯槽膿漏と口臭
蓄膿と口臭の治療法
ニンニクと口臭
口臭と体臭
体臭の種類
胃と口臭
口臭と肝臓
年齢と口臭予防
加齢臭は男性だけに発生する?
口臭加齢臭とは
口臭と加齢臭
加齢臭の原因
加齢臭と食事
赤ちゃんの口臭
赤ちゃんの口臭フェチ
幼児の口臭
子供の口臭
口臭がする子供
子供の口臭について
女性の口臭について
口臭と芸能人
犬の口臭
猫の口臭
口臭のチェック方法
自分で口臭チェック
口臭チェックについて
口臭チェッカー
口臭測定器
口臭測定をしてみよう
口臭の検査・予防方法
口臭防止
口臭防止のための過ごし方
体臭にバラの香り
口臭サプリメント
口臭予防の商品
口臭を消すには
口臭を治すには
口臭を消す方法とは
口臭ケアについて
口臭のケア方法
口臭予防と歯ブラシ
口臭を予防するには
口臭対策するには
口臭除去するには
口臭改善するには
口臭と外科
ある女性の体験記
口臭がしたら病院へ
口臭の治療方法
口臭の治療方法2
口臭と歯科の関係
口臭検査を受ける
口臭外来について
口臭治療ですること
口臭外来東京
口臭外来大阪
【Blog Ranking】
Copyright (C) 2008 歯の衛生について All Rights Reserved.
Template and Photo by Crimson Road

忍者ブログ [PR]