歯の衛生について 歯列矯正のデメリット 忍者ブログ
インプラントや歯列矯正、口臭について解説しています。
[142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯列矯正のメリットももちろん沢山ありますが、ここではデメリットについて述べたいと思います。

歯列矯正のデメリットの第一は、何と言ってもお金がたくさんかかるということでしょう。
歯列矯正には健康保険が適用されないため、とても大きな負担になります。
歯列矯正は自由料金制のため医院によって料金設定は異なります。
だいたい50~150万円の治療費が必要になってきます。

ただし、機能障害をともなう先天性の咬合異常や、外科手術をともなう顎変形症の治療の場合は、審美目的ではないため健康保険が適用されます。
また18歳までの子供の歯列矯正の場合、医療費控除が受けられ、大人でも場合によっては医療費控除が受けられるそうです。

そして第二のデメリットは、その治療期間の長さです。
歯列矯正は、歯の骨の代謝を利用して歯を動かす治療ですから、どうしてもたくさんの時間が必要になります。
平均治療期間は2年くらいで、通院は1,2ヶ月に1度平均で30分~1時間くらいかかるそうですが、治療期間、治療時間共に個人差も大きいようです。
しかもその後もしばらくは歯列の状態をみるため通院しなければなりません。

そして三つ目のデメリットは、歯に装置をつけた時の痛みや違和感から日常生活に負担がかかってくる場合があるということです。
歯磨きや、食事がし辛かったり、ひどい時には装置によって口内炎が起こる場合もあります。

そして四つ目は、目立ちにくい装置とはいえ、歯の外側に装置をつける限りは、見た目の問題があります。
特に女性は美容上、気になるところではないでしょうか。

そのほかにも日本人に現れやすいケースとして、歯列矯正を繰り返す事により、歯根が溶けてしまう事もまれにあるそうです。
また不適切な歯列矯正は、肩こり、うつなどの原因にもなる場合もあるそうです。

このようなことを避ける為にも、歯列矯正を考えた場合、医院選びは慎重に行った方が良いでしょう。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【ブログ内検索】
【Google 検索】
Google
【カテゴリー】
【口臭】
口臭というのはどういうものか?
口臭について
口臭に関するお話
口臭に関する豆知識
口臭に関する用語集
口臭に関する用語集2
口臭が気になる
口臭の悩み
口臭に関する悩み1
口臭に関する悩み2
口臭に関する悩み3
口臭に関する悩み4
口臭による人間関係
「ウェーバーヘッヒナーの法則」
口臭の自臭症と他臭症
自臭症の原因
他臭症の原因
口臭の原因とは
口臭の要素
口呼吸と口臭
歯と口臭について
胃と口臭の関係
歯周病と口臭
口の乾燥による口臭
口臭と病気の関係
体臭と口臭の関係
歯槽膿漏と口臭
蓄膿と口臭の治療法
ニンニクと口臭
口臭と体臭
体臭の種類
胃と口臭
口臭と肝臓
年齢と口臭予防
加齢臭は男性だけに発生する?
口臭加齢臭とは
口臭と加齢臭
加齢臭の原因
加齢臭と食事
赤ちゃんの口臭
赤ちゃんの口臭フェチ
幼児の口臭
子供の口臭
口臭がする子供
子供の口臭について
女性の口臭について
口臭と芸能人
犬の口臭
猫の口臭
口臭のチェック方法
自分で口臭チェック
口臭チェックについて
口臭チェッカー
口臭測定器
口臭測定をしてみよう
口臭の検査・予防方法
口臭防止
口臭防止のための過ごし方
体臭にバラの香り
口臭サプリメント
口臭予防の商品
口臭を消すには
口臭を治すには
口臭を消す方法とは
口臭ケアについて
口臭のケア方法
口臭予防と歯ブラシ
口臭を予防するには
口臭対策するには
口臭除去するには
口臭改善するには
口臭と外科
ある女性の体験記
口臭がしたら病院へ
口臭の治療方法
口臭の治療方法2
口臭と歯科の関係
口臭検査を受ける
口臭外来について
口臭治療ですること
口臭外来東京
口臭外来大阪
【Blog Ranking】
Copyright (C) 2008 歯の衛生について All Rights Reserved.
Template and Photo by Crimson Road

忍者ブログ [PR]