歯の衛生について 忍者ブログ
インプラントや歯列矯正、口臭について解説しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

口臭というのは人間関係に大きく関係してくるものだと思います。
口臭が原因で人が離れて言ったり、自分から遠ざかったりして、仕事や友達を失ったりするかもしれません。
誰かと話すというのは人と人との最大のコミュニケーションですから、そのコミュニケーションが取れなくなると大変な事になります。

口臭というのは自分ではなかなか気付きにくく、他人から指摘されて深く傷つきながら気付くということになります。

また、学校や職場で口臭が原因でいじめが起きる場合もあります。
口臭を気にしてしまうと自然と会話をすることが少なくなったり、口を開けて笑う事が少なくなったりしますよね。
そういう暗い態度を相手が感じ取って更にいじめがエスカレートする場合もあります。

このように、口臭というのは人間関係に大いに関係があるものというのが分かります。
コンパニオン、スチュワーデス、芸能人など人と接する機会が多い職業の人などは、口臭に気を使っている人が多いと思います。
こういう人たちは、病院での治療だけでなく、口臭を予防するあらゆるグッズなどを持っていたり、実践したりしているはずです。
ですから口臭を予防する色々な知識を会得しているといってもいいですよね。
まさに口臭予防のプロです。
まずは病院などに行って、自分の口臭の原因を探ってもらい、治療をする事から始めてみてはいかがでし
ょうか。

口臭を完治させて、よりよい人間関係を築き、明るく生活をするようにしましょう。

PR

年齢を重ねる事で発生する口臭の事を口臭加齢臭といい別名エイジングノートと呼ばれています。

加齢臭とは、男性が年を重ねる事で発生させていて体臭、足の臭い、口臭まで含まれています。

おじさんの努力と言うのは、ものすごくひたむきなものでして、子供や部下などに嫌われないように一生懸命にお風呂でキレイに洗ったり、歯磨きを一生懸命にしたりしているのに、口をきくと嫌な顔されたり、遠ざかられたり、下を向かれたりして、そんな状況悲しすぎますよね。
奥さんやお子さん、部下の為に加齢臭から放たれる口臭のケアについて教えましょう。

【加齢に対する口臭対策】
加齢臭からくる口臭が気になりだすと、しきりに歯磨きをして解決しようとしますが、口臭の問題解決は歯磨きではないのです。

加齢から来る口臭の原因と言うのは腸内にあります。
腸内に潜んでいる細菌の善玉菌というのを増やし、悪臭の元となるガスを発生させないように抑えることが
できれば、口臭を撃退する事が可能になってくるのです。

口臭予防として歯を磨く事ももちろん大切ですが、腸内から磨いて臭いの元を断つようにすることも忘れずにしましょう。

また、口臭予防は乳酸菌やオリゴ糖などの食品、例えばヨーグルトや納豆、ゴボウ、バナナ、大豆製品などを摂取したりして善玉菌を増やす事が出来ます。これによって臭いの元を抑えるようにしましょう。

是非頑張って加齢臭退治に挑んでよりよいおじさんライフを満喫しましょう。

世のお父さま方の中には、「加齢臭」という言葉に悩まされている人もいるので
はないでしょうか。
たとえば通勤電車の中や信号待ちで隣の人がハンカチで鼻や口をふさいだり、「オヤジくさい」という言葉が聞こえたりすると、「自分の体臭のことかなぁ」と不安に感じてしまう人も多いと思います。

しかし、加齢臭は中年男性のみに発生するものではないようなのです。
中年女性や、若年層にも発生すると近年では言われるようになってきました。

たしかに加齢臭が発生する割合としては、女性より男性のほうが多いです。
それは、男性のほうが女性に比べて皮脂の分泌が盛んであることが理由のひとつとして挙げられます。

また、女性は体臭を含む自分のにおいに気を使い、いろいろな商品を使ってにおい対策を万全にしていたり、生理があるためホルモン分泌され、酸化に対して男性より強い力を持っているのも、加齢臭が男性のほうに多く発生する理由として挙げられます。

ただ女性でも、生理が終わる、つまり閉経後の場合は、ホルモンの状態が男性とそう変わりなくなるため、男性と同じように加齢臭が発生しやすくなると言えるのです。「オヤジくさい」ことを意味すると捉えられていた「加齢臭」という言葉、どうも「オヤジ」だけのものではなかったようですね。
世のお母さま方、安心してはいられませんね。

体臭の原因はいろいろありますが、食事などの生活習慣からくるにおいもありますので、若いうちから生活習慣を整えて、年をとったときに「くさい」という言葉におびえずに過ごせるようになりたいものですね。

自分の体臭に悩んでいる人は意外と多いようです。
誰かに相談を持ちかけるほどではないにしても、なんとなく自分がにおっているかな、と感じたり、近くの人がハンカチで口をふさぐなどの行動が気になったり、自分の体臭は大丈夫かな、と気になったら、一緒に暮らしている家族にそれとなく聞いてみるとよいかもしれません。
正直に答えてくれるのは、まず家族でしょうから。

「お父さん、くさいよ」と言われたら、それは加齢臭かもしれません。
加齢臭とは、その字のとおり加齢に伴って発生するにおいですが、「年をとったのだから、加齢臭はしかたない」とあきらめてしまうことはありません。
それは、体臭にはその人の食生活が深くかかわっているからです。

現在では、食の欧米化により、動物性脂肪を多く摂り、脂っこい料理を食べることが増えてきました。
肉類や乳製品の動物性脂肪は、体内で酸化して過酸化脂肪となり、体臭を発生させます。
また、脂っこい料理は、脂肪を酸化させる活性酸素の増加にも結びついています。
体臭を抑えるためには、動物性脂肪の摂取を減らし、活性酸素をできるだけ抑えることが必要です。

活性酸素を抑える「抗酸化作用」のある食べ物を積極的に摂ると同時に、基本的な毎日の食事を整えていかなくてはなりません。
毎日の食事は、昔の日本で食べられていたようなメニューが望ましいです。
脂肪は少なく、繊維をたっぷりと、植物性の食品を中心に、つまり体臭予防には和食がよいのです。

活性酸素は、体臭のほかにも体にいろいろな弊害をもたらしますので、家族皆で食生活を改善することで、家族の健康にもつながるでしょう。

自分のからだから発するにおいや、職場の同僚、家族から発する体臭に、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

においというものは目に見えないものですが、それが悪臭だった場合には、近くの人に確実に精神的、時には身体的にまでダメージを与えてしまいます。
また、母親が子どもの世話をしているときに、体調の異変に気づくのも、子どもから発する体臭がきっかけであったりもします。

体臭とひとことで言っても、その発する部位は頭から口、わきの下、足など、全身の各所にあります。
そしてにおいが発生する原因や、においの強さもいろいろあるのです。

まず頭ですが、頭皮の皮脂の酸化が進んだり、汗をかいて高温多湿となり細菌が繁殖することでにおいが出ることがあります。
髪の毛も、その構造上、においを吸着させやすくなっています。
たばこを吸う人と同じ部屋にいたり、飲食店を出た後などに髪の毛ににおいが残っていることはよくあることです。

次に口のにおいですが、これは口臭と呼ばれるもので、食べたものによるにおいと、病気からくるにおいがあります。
ここで言う病気の中には、腎臓、肝臓の病気や、虫歯、歯肉炎なども含まれます。

わきの下のにおいというと「ワキガ」が浮かぶでしょう。
ワキガは、単純に汗くさいにおいではなく、わきの下などにあるアポクリン腺という汗腺から出る汗の成分が空気に触れて変質し、細菌によって分解されてにおいが発するものです。
人間にはもうひとつエクリン腺という汗腺もありますが、こちらは全身にあり、ここから出てくる汗ににおいはありません。

そして、足です。
特に夏場、靴を脱いだあとは、自分の足ながら何とも言いがたいにおいに思わず顔をしかめてしまうこともありますよね。
足には上に述べたエクリン腺がたくさんあり、汗をよくかくようになっています。
汗自体にはそんなににおいがないのですが、靴の中という高温多湿の環境の中で繁殖した雑菌が汗や皮脂を分解し、においが発生してしまうのです。

また、自分で気にしている人は少ないですが、耳にもにおいがあります。
特に乳幼児で耳のにおいや耳垂れがあり、それが中耳炎などの病気のサインである場合もあります。

このように体臭にはいろいろな原因、意味があることを知れば、自分に合った予防法、対策方法も見えてくるのではないでしょうか。

なんでもかんでも「無臭」を目指す傾向にある世の中になりました。

体臭対策スプレーや制汗剤、サプリメントなど、さまざまな商品が市販され、体臭を抑えることがマナーとされているようにも感じます。
洗濯洗剤や柔軟剤のテレビコマーシャルでも、お父さんが通った後に漂うにおいに「加齢臭」と反応するものまであります。

加齢臭とは、その字のとおり、年齢を重ねることによって発生する体臭のことを言います。
なぜ年齢を重ねると、特有のにおいが発生するのでしょうか。

それは、年をとると、血管中にコレステロールなどの老廃物が蓄積されるのと同時に皮脂腺にも脂肪が増えてくるためです。
特に40歳を過ぎるころから、皮脂中の脂肪がぐっと増えると言われています。
この脂肪が酸化したり分解されると、ノネナールという体臭成分が発生します。
このノネナールこそが、加齢臭と呼ばれる特有のにおいのもとなのです。
また40歳を過ぎると、活性酸素と戦う力(抵抗力)が弱くなり、脂肪の過酸化を防ぐ力も弱まってしまうことも、原因として挙げられます。

その他、年齢だけでなく、食生活の内容にも体臭は深くかかわっています。
肉類や乳製品などの動物性脂肪を摂取することにより体に蓄えられた脂肪は、その酸化により体臭を発生させやすいのです。
以前、日本人は魚、野菜、豆類を主に摂って和食中心の生活を送っていました。

しかし戦後、食の欧米化が進み、肉類を多く摂るようになったことも、体臭に悩む人が増えたことと関係があるようです。

ほんのりといい香りのする女性って、すてきですよね。
香水のようなわざとらしいにおいではなく、すれ違ったときにフワッと香るにおいです。
もちろん男性でも、不快な体臭を発するよりは、いやらしくない程度のいい香りを身にまとっていると魅力的に感じられることもあるでしょう。

自分の体臭を気にしている人も、体臭では悩んでいない人も、「体臭がバラの香りになる」という商品を聞いたことがありませんか。
それは、カプセルタイプのサプリメントであったり、液体であったり、ガムタイプやキャンデータイプであったり、いろいろな商品が販売されています。
しかしその効果のほどは、いかがなのでしょうか。

実際にそれらの商品を試した人の中には「効果はてきめんでした」という人がいる反面、「いまいち効果がわからない」「続ければ体臭も変わるのかな」とはっきり効果を感じられない人もいます。
中には「ゲップしたときだけ、ものすごいバラのにおいを感じた」という人もいます。
においの感じ方自体が、とても個人差のあるものなので、結果にも個人差が出るのは当然かもしれません。

もともと体臭自体が食べ物に起因する部分が多いため、これらの商品(食品)を摂ることで体臭が変わるのはありうることです。
にんにく料理をたくさん食べた翌日の汗がにんにく臭かったり、タバコを吸う人がヤニ臭くなるのと同じです。
ただし、これらの体臭をバラの香りにする商品がどれほどの効果があるのかというと、個人差があるため定かではないようです。

ガムタイプなら百円程度から、サプリは数千円程度で購入できますので、気になる人は一度試してみるのもよいかもしれませんね。

自臭症の人は口臭が原因で相当悩んでいる人が多いと思います。
自分の口臭が気になってしまって電車に乗れない、学校に行けない、人と話が出来ないなど、社会に適応出来なくなる方もいるほどです。
症状が進んでしまうと、歯医者にさえも口臭が怖くていけなくなるという方も出てくるようです。

それも、10年以上も口臭で悩んでいるという方がたくさんいるという現実もあります。
そこで、自臭症の人は自分で口臭を治す方法を試してみる事をお勧めします。
また他臭症の人は歯科医など治療を行った上で口臭を治すようにしていきましょう。

これが解決すると、歯磨きなどのケアなどによって短期間で治癒する事が可能です。

口臭には「自臭症」「他臭症」の二つに分類されます。
あなたはどちらのタイプだと思いますか?

■「自臭症」
自分自身が口臭を自覚していて、周りの人たちのしぐさや言動に過敏になってしまいます。

特有の現象としては、いつも口臭を感じてしまったり、他人に指摘されて以来、他人のしぐさや言動に過敏になってしまったりしてしまいます。
例えば、誰かが部屋に入ってきて「なんかこの部屋変なにおいしない?」と言うと、ついつい自分の口臭ではないか?と感じてしまったりします。

■「他臭症」
本人は自覚をしていないで周りの人達が臭いを感じてしまいます。

特有の現象としては、自分に口臭があるとは思っていなく、歯石を取ってもらった事がなく、虫歯を放置している人などがいます。
そういう人に限って家族や身近な人から「口臭があるから、歯医者に行って治したら?」などと他人から指摘される事があります。

最近では、口呼吸をする人が増えていると言われます。
ある大学の教授が、講義中にペットボトルのお茶を持っている学生がとても多いことに驚き、それは口やのどが渇くため、つまり口呼吸をする人(若者に多いらしい)が増えてきているためではないか、と指摘していました。

鼻がつまっていたりして、どうしても口でしか呼吸できないときもあるでしょう。
しかし常に口で息をしていると、体にとっていろいろと不都合が出てきてしまいます。

まず、体臭の中でも気にしている人が多いといわれる「口臭」が強くなります。
口臭は、口腔内の病気である虫歯や歯周病によるところが多いのですが、口呼吸により虫歯や歯周病になりやすい環境が作られてしまうのです。

それは唾液に関係しています。
唾液というのは、口の中の食べ物のカスを洗い流したり、酸性度を一定に保つなどの役割をしています。
口の中では、食事をするたびに、食べ物のカスによって虫歯になりかけ、それを唾液が治すというサイクルが繰り返されているのです。
口呼吸をしていると、分泌された唾液がすぐ乾いてしまうため、唾液の役割が発揮されず虫歯や歯周病を進行させてしまうことになるのです。

自分の体臭に悩んでいる人は、その部位やにおいによって対策は違いますが、口臭に悩んでいる人で口呼吸が原因のひとつと考えられる場合には、まずそこから治していくとよいかと思います。

口呼吸を治すには、チュウイングガムを口を閉じて毎日1時間ほど噛むと効果があるようです。
ただし、シュガーレスのガムにしてくださいね。

誰かの顔に近づいたとたんに相手の口臭がきつくてついつい顔をそむけてしまったなんてことはありませんか。
あるいは、自分の口臭が気になってしまうことがありませんか。

口臭の原因は
・「生理的口臭」
・「病的口臭」
・「外因的口臭」
と、大きく分けて3つに分類できるとされています。

自分の口臭がそのどれに当たるか適切に対応して、周りの人に不快感を与えないように口臭を改善していきましょう。

■口臭の主な原因は生理的なものだとされています。
口臭の70%以上の原因は、舌や歯の汚れに対して細菌が産生された事による物だといわれています。
これは唾液によって口腔内というのは自浄作用されているのですが、睡眠不足やストレス、口呼吸などによって唾液の分泌量が少なくなって細菌が増殖され口臭の元がたくさん作られた事が原因ではないかとされています。
また、朝起きた直後や、空腹時、緊張時などは普段口臭が無い人でも口が乾燥している為に口臭が強くなる傾向にあります。

■食事や嗜好品が原因
ニンニクや、ニラなどの臭いが強い食べ物が口臭の原因となることもありますし、お酒やタバコなどが原因で口臭になる場合もあります。

■病菌が原因
虫歯や歯周病などはもちろん、喉の病気や呼吸器、消化器系の病気などが原因で口臭が起こる事もあります。
口のケアを充分に行っていても口臭が気になるという場合は、身体の病気が疑われますので、病院に行って診察を受けることをお勧めします

<< 前のページ 次のページ >>
【ブログ内検索】
【Google 検索】
Google
【カテゴリー】
【口臭】
口臭というのはどういうものか?
口臭について
口臭に関するお話
口臭に関する豆知識
口臭に関する用語集
口臭に関する用語集2
口臭が気になる
口臭の悩み
口臭に関する悩み1
口臭に関する悩み2
口臭に関する悩み3
口臭に関する悩み4
口臭による人間関係
「ウェーバーヘッヒナーの法則」
口臭の自臭症と他臭症
自臭症の原因
他臭症の原因
口臭の原因とは
口臭の要素
口呼吸と口臭
歯と口臭について
胃と口臭の関係
歯周病と口臭
口の乾燥による口臭
口臭と病気の関係
体臭と口臭の関係
歯槽膿漏と口臭
蓄膿と口臭の治療法
ニンニクと口臭
口臭と体臭
体臭の種類
胃と口臭
口臭と肝臓
年齢と口臭予防
加齢臭は男性だけに発生する?
口臭加齢臭とは
口臭と加齢臭
加齢臭の原因
加齢臭と食事
赤ちゃんの口臭
赤ちゃんの口臭フェチ
幼児の口臭
子供の口臭
口臭がする子供
子供の口臭について
女性の口臭について
口臭と芸能人
犬の口臭
猫の口臭
口臭のチェック方法
自分で口臭チェック
口臭チェックについて
口臭チェッカー
口臭測定器
口臭測定をしてみよう
口臭の検査・予防方法
口臭防止
口臭防止のための過ごし方
体臭にバラの香り
口臭サプリメント
口臭予防の商品
口臭を消すには
口臭を治すには
口臭を消す方法とは
口臭ケアについて
口臭のケア方法
口臭予防と歯ブラシ
口臭を予防するには
口臭対策するには
口臭除去するには
口臭改善するには
口臭と外科
ある女性の体験記
口臭がしたら病院へ
口臭の治療方法
口臭の治療方法2
口臭と歯科の関係
口臭検査を受ける
口臭外来について
口臭治療ですること
口臭外来東京
口臭外来大阪
【Blog Ranking】
Copyright (C) 2008 歯の衛生について All Rights Reserved.
Template and Photo by Crimson Road

忍者ブログ [PR]